ベースボールと野球の比較

比較

ベースボールは、日本に入って来た時に野球と呼ばれるようになりました。この両者を比較しても特に大きな違いはありません。ただ、厳密に言えば若干違いがあります。野球の場合は、キャッチャーが投手をリードして、キャッチャーの言う通りに投手が投げることがほとんどになります。つまりバッテリーで考えるならばキャッチャーの方が立場的に上になるでしょう。

一方ベースボールは、投手が優先です。キャッチャーはピッチャーが投げた球をとるだけで、キャッチャー側から指示することはあまりありません。このように、若干の違いはあるものの、特に大きなルールの違いなどはないでしょう。

また、野球の場合は、応援団がやかましいのが特徴になります。昔は静かだったかもしれませんが、最近は応援を楽しむ人が多いため、応援のために来る人も多いです。盛り上がることを第一に考えている人が一定の割合でいます。つまり、ストレス解消になると考えることもできるでしょう。

これに対して、ベースボールは日本の野球のようにやかましい応援はしません。日本のように大きな旗を持ったりすることもほとんどないでしょう。あるのは拍手と声援だけです。もちろん一部例外もありますが、基本的にベースボールを見るために来る人が多いです。

野球ボール

ブックメーカーならプロ野球への投資をすることが可能

ブックメーカーなら、プロ野球のゲームへ投資をすることが可能です。日本では不可能なプロ野球の賭けを海外では政府公認で可能になっています。セ・パ両リーグの毎試合はもちろん、日本シリーズやオールスターの試合もブックメーカーにはあるのです。

ブックメーカー やり方はとてもシンプルで、パソコンやスマホでブックメーカーを運営できる国へアクセスして日本から参加するのです。

海外にあるといっても、対象としているスポーツは世界規模になりますので、日本のプロ野球を取り扱っている ブックメーカーは数多くあります。好きなスポーツの試合の方が予想をしやすいでしょうから、ブックメーカーに参加するのならば、プロ野球がいいでしょう。

配当率は高いので、他の投資と比べても利益は出しやすいので、投資としても十分活用することができます。

ただし勝ちやすいといっても、それは理論上のことです。全体で見れば当然配当率は100を超えることは有りません。

個人レベルでは負けている人、勝っている人もいますが、ブックメーカー側が有利であることには変わりません。

プロ野球と米国のベースボールのレベル

レベル

日本のプロ野球と米国のメジャーリーグベースボールでは、ビジネスの規模においては圧倒的にメジャーリーグベースボールの方が大きいですが、プレーする選手のレベルについては意見が分かれています。結論を出すのは非常に難しく、永遠のテーマといえます。

例えば、アメリカでプレーする選手は、試合中に日本の球界関係者や野球の試合を見慣れている人にとっては到底考えられないようなミスをすることがあり、それが原因で試合で大量失点をすることがあります。日本のプロ選手でそのような酷いミスをしてしまうケースが少ないのは、春季キャンプで連携を含めて守備練習を数多くこなすためといわれています。

グローブ

その一方で、メジャーリーグベースボールでプレーする選手は、日本の選手より肩が強くて送球も早く、パワーもあるなど、個人の能力については日本の優れた選手よりさらに優れている選手が多いのが特徴です。それだけでなく、日本の選手だと失敗したときのリスクを考慮して、真に重要な試合でしか行わないプレーが積極的にトライされています。

また、日本のプロ選手は、幼い頃にはじめてからプロ入りするまで野球だけをプレーしてきた人が大半ですが、アメリカの選手は複数のスポーツの掛け持ちが当たり前のように行われており、野球をはじめる時期も日本の選手より遅い人がたくさんいます。日米ではベースボールの文化も異なっており、そのような状況で成長してきた選手のレベルは単純に比較はできません。